介護、人間関係の良い職場を探すツボ!辛い、最悪~とボヤく前に

公開日:  最終更新日:2015/11/20

man002_250-250
介護関連の職場の人間関係は、一般職に比べ少し特殊なところがあると言われています。選択を間違えると、「辛い~、最悪~」とボヤクことになります。人間関係の良い職場を探すツボを紹介します。

介護の職場の人間関係は最悪?

私の姉は介護福祉士で長く介護関連の仕事をしています。また、親戚には看護婦がいます。色々は話を聞きますが、介護関連の職場の人間関係は、一般職に比べ少し特殊なところがあると思います。

人間関係が煩雑で面倒という印象を持っています。小さな事で妬んだり、他人の挙げ足取ったり、悪口を言ったり、点数稼ぎしたりする人が多いと聞きました。

また、酷い職場では、挨拶もろくに返さなかったり、男性も女性も命令口調で、パワハラを感じさせる雰囲気もあるようです。怖い~。姉も長く務める間には、「最悪…、辛い…」と思うことも幾度かあったようです。

同じ職場で長期間働いている人は少なく、溶け込むにくい雰囲気があったりもするようですね。

人間関係の良い職場を探す秘訣

働きやすい介護の職場を探すツボは2つですね。

1、しっかりと情報収集をすること

2、自分を磨く場だと捉えること

まず、どこの業種でも同じかも知れませんが、しっかりと情報収取することです。今はネットもあるので、職場の評判や雰囲気、人間関係、離職率などを知ることもできます。

そして、縁というものがあります。目には見えないものですが、この力は間違いなく働いています。

なので、最善と尽くし探した職場であれば、あとは受け入れるしかありません。もし、人間関係や雰囲気に問題があっても、「自分を磨くため」と割り切って働いてみるとことです。

その際に大切にしたいのが、「自分の主張」と「相手の言い分を良く聞く」ということです。新人だからと遠慮することはありません。自分が思ったことはハッキリ主張することです。人間関係でストレスを感じる方は、ここが弱かったりするので要注意です。

また、自分の主張をする分、相手の話も聞きましょう。相手の話を聞くときは、自分の主張を横に置いておくことがポイントです。相手の話を聞き、しっかり対応をすることで、自分の主張も聞いてもらいやすくなります。これがコミュニケーションを潤滑にする秘訣です。

「自分の主張をしっかりとする」

「自分を横に置き、相手の話をしっかりと聞く」

この2つのバランスが取れていれば、人間関係の悩みは激減します。職場を変えるのではなく、自分を変えることで、就職先が(自分にとり)人間関係の良い職場へと変わって行きます。

また、介護業界へ転職したような方は、介護福祉士やケアマネの資格を取ってキャリアアップするという目標に割り切って考えてみると良いです。とにかく前進することに意識を向けるのもありですよね。

医療と介護領域に特化した人材サービス

最後に、医療と介護領域に特化して人材サービスを行なっている「レバレジーズ」を紹介します。

レバレジーズの「きらケア 派遣」は、介護施設の内部情報を把握したプロがぴったりの就業先を紹介しています。求人検索では見つからないような非公開求人もあります。介護の職の情報収集には最適です。

介護福祉士、介護職員基礎研修、介護職員初任者研修、介護職員実務者研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級の資格がある方は、ちょっと覗いてみると良いかも知れません。

詳細はこちらです。




介護士の派遣・求人なら!【きらケア 派遣】

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑