心の穴を埋める方法は?不倫へ走ってはいけない!

公開日:  最終更新日:2015/11/20

man007250
今朝のWEBニュースを見て。不倫出会い系サイトの情報流出事件が騒がれています。世界規模の既婚者向け出会い系サイト「アシュレイマディソン」で3万人以上の個人情報が流出し、事件に関連して2人の自殺者まで出たといいます。

不倫へ走って良いことはないですよ。不倫へ走る既婚者は、心の穴を埋めるためだと思います。しかし、不倫では心の穴は埋まりません。今回は、心の穴を埋める方法について話します。

a0001_008147

心の穴を埋める唯一の方法は、心の穴を埋めようとしないことです

誰にでも心に穴が空いています。全員に空いています。他人から見れば、「あの人幸せそうだ~。寂しさなんて感じないんだろう~」と思えるような人でも、心の穴があります。

男も女も空いています。

心の穴は、もともと空いているものなのか?生まれた後、特に幼児期に空いたものなのか?

それは分りませんが、物心つく頃には空いています。

人間が持って生まれた宿命だと思ってください。

宿命は避けられません。

よって、心の穴を埋めようと思って、埋まるものではありません。

そして、心に穴が空いている限り、空虚感を感じます。

人生上手く行っていても、突然、空しくなったりするのも、心の穴が起因しています。

心の穴を何かで埋めてはいけない

空虚感を感じると、人は何とかしたくなります。

何かでそれを埋めたくなります。

現実逃避もその1つです。

絶対にやってはいけないことは、性で埋めることです。

すなわちHです。

代表的な例が不倫です。

Hで空虚感を満たすことは、凄い効果があるようですが、実はありません。一時的に満たされる感覚を覚えますが、時間と共に去っていきます。

なぜ、Hで埋めてはいけないかというと、一種の麻薬のような効果があるからです。どんどん深みにハマって行きます。

最悪、そこから抜けられなくなり、ドツボにハマります。

Hで心の穴を埋められるものはありません。まず、そこを良く理解して下さい。

心の穴を埋めるには?どうしたら良いのか?

冒頭で話したように、心の穴を埋める唯一の方法は、心の穴を埋めようとしないことです。

具体的に言うと、空虚感を感じたら浸ることです。

自分の心へ意識を向けて、心の穴を感じてみて下さい。

心に空いた穴をイメージして、触ってみて下さい。

どんな形をしていますか?

どの位の大きさですか?

それをじっくりと感じみて下さい。

やがて、空虚感が少しずつ去っていくと思います。

僕の経験からいうと、

台風一過です。

台風が来ている時は、雨が風が物凄いですが、

台風が通り過ぎた後は、晴れ渡り良い天気になります。

暴風雨が収まり、転じて、快晴となります。

空虚感を克服するには、心の穴を埋めないこと

誰でも心に穴が空いて、空虚感が訪れます。しかし、それは全員が同じです。大事なことは、空虚感を埋めようとしないことです。浸ってください。

空虚感を埋めようとすると深みにハマります。他のもので補えば、一時満たされますが、空虚感は大きくなって、再び襲ってきます。

空虚感を埋めないでいると、襲ってくる空虚感が徐々に小さくなって行きます。これ空虚感を克服する秘訣です。

まとめ

空虚感を克服するイメージをまとめてみました。

まず、悪い例です。

空虚感を感じる

何かで埋める(何かに依存する)

また、同じ空虚感が襲ってくる

何かで埋める(何かに依存する)

これを繰り返すうちに、依存したものの奴隷となる。

良い例です。

空虚感を感じる

ただ、感じてみる。心の穴を触ってみる。

台風一過(空虚感は去り、晴れる)

これを繰り返すうちに、新しい展開が始まる。

何の奴隷にもなっていないので、ステップアップができる。

最後に、どうしても空虚感に耐えられない人は、お守り代わりに、パワーストーンを持つと良いかも知れません。空虚感克服には、アイオライトかアイドクレースがおススメです。

■アイオライト (きんせいせき)

(効果)

・不安や悩みを取り除く

・依存症の克服

・自信が出る

■アイドクレース(べスビアナイト)

(効果)

・安定と思いやりをもたらす

・強い精神力を養う

・人間関係をスムーズにしてくれる

では、

今日も笑って楽しく行きましょう♪

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑