明日は結婚相談所でお見合いパーティー!どんな話題を出せば良いの?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

a1640_0003871
勇気を振り絞り、結婚相談所のお見合いパーティーへ参加しました。しかし、当日、お見合いパティーが始まると、女性を目の前に、何を話して良いのやら…。話題が見つかりません。「はじめまして……」と挨拶だけはしたものの、次の言葉で出てきません…。

無理に話そうとすると、ぎこちなく不自然です。二人の間には気まずい雰囲気が漂っています。

すると、横から言葉巧みに話しかける男性が出現します。その男が女性へ話しかけると、女性はゲラゲラと笑って、すぐに打ち解けて行きます。楽しそうに会話を始めました。悔しいけど良い雰囲気です。

僕はお邪魔になってはいけないと、少しずつ後ずさりし、その場を離れました。完敗です。もちろん、カップリングは不成立です。落ち込んで帰って来ました。

若い頃の僕の体験です。

こんな状況だったので、お見合いパーティーの敗北を機に、女ウケする会話の勉強をしました。口下手を直す鍛錬をしました。すると、徐々に効果が出て、今では、初対面の女性と話題に困らなくなりました。お見合いだけでなく、合コンも、デートもすべてOKになりました。

女性とのコミュニケーションの取り方にはツボがあります。そのツボを抑えると、お見合いパーティーなどで困らなくなります。今回は、僕が体得したツボを紹介します。女性との会話が弾まないで悩んでいる口下手な男性のお役に立てればと思います。

この記事を読んでいる方の中には、お見合いを間近に控えている方もいるかと思います。すぐに使える話し方のツボを選んで伝授します。女性との会話は、話し方のツボを抑えることで飛躍的に上達しますよ。

明るく挨拶をし、意識を合わせる。空気を読む!

a0001_017475
挨拶は「はじめまして♪」「こんにちは♪」など、笑顔で、元気よく、明るくが基本です。当たり前のことですが重要です。お見合いの前に、鏡を見て、自分の笑顔をチェックして下さい。自分が思っている顔と、他人から見える顔は意外に違います。口角を上げる練習をすると良いですよ。

明るく挨拶したら、女性へ意識を合わせることです。口下手な男性ほど、自分本位に話し始めたり、準備した話題を出します。これをやるとドツボにハマるので要注意です。

そうではなく、一呼吸おいて、「どんな女性なのだろう?」「好きな話題は何だろう?」「何を話したいのだろう?」と想像してみて下さい。さらっとスキャンする感じです。難しく考えずに、その女性の雰囲気を感じてみて下さい。

慣れてくると、瞬間に女性のことが分ったりもします。これ直観です。使っているうちに、どんどん精度が上がっていきます。俗にいう、空気を読むということです。

質問の仕方を変えてみる

a0001_017474
お見合いは、初対面なので相手のことが分りません。多少のプロフィールを頼りにするくらいですよね。そういう状況で、話を盛り上げるには、上手に質問することが重要です。

口下手な男性の場合、唐突に「旅行は好きですか?」「お酒は飲みますか?」「グルメは好きですか?」と突然刃物を出すかのような質問しがちです。ここも要注意です。

たまたま話が合えば良いですが、合わないと最悪です。女性から「あまり行きません」「お酒は飲みません」「嫌いです」などと「NO」が返ってくれば、話が発展しません。刃物を出せば、当然、女性は逃げます。会話も同じです。

そこで、ちょっとだけ質問の仕方を変えてみます。「でしょうね!」を使ってみると良いです。「女性ですと、旅行も好きなのでしょうね!」「お酒もいけそうですね!」「大阪の方ですから、グルメ好きなのでしょうね!」とアレンジしてみます。

こう聞かれると、返事が「NO」でも、「旅行は良く行きましたが、一緒に行っていた友達が結婚してしまって、最近は行っていません」などと追加情報を貰えるようになります。こうなれば「旅行」「友達」「まわりが結婚したこと」などの情報から話を広げられます。

相手に対しても、ちょっとした思いやりが伝わり、お互いの心が結びつき、話が広がり始めます。このツボが分ると、結婚相談所のお見合いで、話題に困らなくなります。

直観で相手の興味のありそうなことを探り、「でしょうね!」で質問してみて下さい。初対面でも話が広がります。相手のことがよく分らないケースでの、話のツボの押し方です。

趣味の話のツボの押し方

お見合いの話題の定番といえば、趣味ネタです。趣味ネタは、話を発展させやすいですね。自分と共通の趣味を持っていたら、自然にどんどん深堀ができます。

問題なのは、趣味が共通でない場合です。この場合は、どうするか?

相手を主人公にして話すのがポイントです。例を出して説明します。

まず、悪い例から。

女性の趣味がウィンドショッピングの場合です。

女性「休日は、洋服やアクセサリーをみてウィンドショッピングを楽しんでいます」

男性「そういえば、三井アウトレットパークがオープンしましたが、もう行かれました?」

女性「はい、行きました。でも、人が多くてゆっくり見れませんでした」

この会話は一見良いようで最悪です。話下手の男性がやってしまいがちなミスです。なぜかというと、話の主人公を「女性」から「三井アウトレットパーク」へ変えてしまったからです。話が盛り上がらない典型的なパターンだと思います。

女性がショッピングが好きだからといって、ショッピングの話題を出せば良いというものではありません。

趣味の話のツボは、主人公を相手にしたまま、盛り上げていくことです。それにより女性も楽しくなり、色々なことを話してくれるようになります。

例えば、女性の趣味について次のような感じで返します。

「ウィンドショッピングって、楽しいでしょうね!」

「ウィンドショッピングをしている時って、どんなことを考えているのですか?」

「女性のショッピングには男は邪魔なのでしょうね?」

これ、全て女性を主人公にしています。こう聞かれると、女性も話したいことが次々に出てきます。時にはビックリする話題が出てきたりもします。

趣味の話は、相手を主人公にしたまま質問をすると会話が弾みます。ちょっと意識してみて下さい。

また、相手は貴方に親しみを感じるようにもなります。もっと一緒に話したいとも思ってくれます。口上手な男性は、女性を主人公にするのが上手いものです。

話題に困ったら…

僕は、話すことがなくて困ったら、天気の話題を出します。天気の話題は、世界万人が共通の話題です。当り外れがありません。

だた、「今日は良い天気ですね」と言っても、「そうですね」で終わってしまうので、自分のプライベートを混ぜるようにしています。

「今日は良い天気ですね。でも、昨日のゲリラ豪雨には参りました。傘持っていなかったので、びしょ濡れでした」といった感じで話題を出します。

ここで女性が食いついて来れば良し、食いついて来なくと、天気の話題であればいくらでも話を広げられます。

「僕は、天気予報を見ないので、雨にあってばかりですよ。お蔭様で、ビニール傘ショップを開店できるくらい傘を持っています」などの適当な展開も可能です。

沈黙状態にあったら焦ったら駄目です。無理に話を出せずに、空気を読んで下さい。それでも、話題が出てこなかったら、天気の話題で行きます。これ口下手男の裏ワザです。

まとめ、明日のお見合いパーティで何を話したら良いのか?

a0002_008496
明日は、お見合いパーティー、「話のネタを準備しようか?」と思ったら止めることです。口下手な男性がこれをやると不自然になります。どうしてもネタがほしい時は、共通に話せそうな時事ネタのみのチェックがおススメです。

お見合いが始まったら、とにかく、焦らず、自然の流れを重視します。自然な流れにのると、話題がスムーズに出てきます。リラックスして行きましょう。

最後の、僕が心がけている、初対面の女性と仲良くなる会話の方程式を紹介します。

「明るい挨拶→空気を読む→上手に質問し、相手の興味のある話題は引き出す→趣味の話題は相手を主人公して話す」

これでカップリング成立です。当局は責任には応じませんが、試してみて下さい♪

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑