婚活、不細工な男の方が美人な嫁さんをゲットする。その根拠は?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

a0055_000801
街を歩いている美女と野獣のカップルを見て、「何故こんなに綺麗な女性が不細工な男を選ぶの?」と思った経験があると思います。美女をゲットするのは、イケメンではなくて、どうやら不細工な男のようです。不細工だから婚活有利です。お蔭様で順調です。

美人の結婚相手は、不細工な男が多い

男だって、外見は大事だと思います。カッコいい男の方がモテるのも間違いないです。

しかし、男の場合は、外見より中身が重要です。

(ただ、外見を磨かなくとも良いということではありませんが…。)

男性が女性を見る場合、外見から入ります。これは本能です。美人、可愛い子、スタイルの良い子を探します。

対して、女性はどうかというと、外見も見ますが、それよりも中身を重視します。男が気にするほど女性は外見を気にしません。

なので、男は不細工でも大丈夫です。中身で余裕で勝負できます。

自分が不細工グループの中に入っているとしても落ち込まないで下さい。寧ろ、ラッキーです。内面をどんどん磨いて、イケメンをぶっち抜けば良いだけです。それくらい男を見せないと、いい女を嫁さんにできませんよ。

兎と亀の話ではないですが、不細工の男性は、亀で確実に行けば勝利間違いなしです。余裕こいているイケメンは必ず居眠りします。

最後に勝つのは内面を磨いた男です。外見も磨きながら、内面を磨いて行きましょう。婚活で勝利する秘訣です。

カメハメハー^^
a0055_000808

フェラーリやベンツよりも軽自動車で勝負する

a1180_005638
世の中、外見だけのしょーもない男が多いですよ。フェラーリやベンツに乗って、女を口説いている姿を見かけると、マジでムカつきますね。

しかし、そんな奴に限ってチキンだったりします。いざという時に逃げ出すし、ここぞという時に決められません。

それに比較して、内面を磨いている男はオーラが違います。見た目は不細工でも、圧倒的なオーラを放っています。女は最終的にこの男のオーラに惹かれます。男のオーラを放つようになると、マジでモテまくります。

「俺の愛車は軽自動車なんだけど、これで良ければドライブ行かない?」と堂々と女性を誘える男強しです。

内面が充実していると「私、車なんてなんでもいいの。それよりも、貴方と一緒にいたい。」と女性が乗ってきます。

これが俺の車だ~!
a0001_006604

60歳のおじいちゃんが若い女性にモテモテだ~

a0002_008496
僕の知り合いに田舎で一人暮らししている60歳のおじいちゃんがいます。おじいちゃんと言っても、背筋はピンとして、若々しいです。このおじいちゃん、若い頃、いくつも試練や修羅場を潜ってきていて、話がとにかく面白いです。

当然、女性にモテます。きったねー格好をしていますが、彼女が複数います。若い女性にもモテています。まさに凄すぎです。このおじいちゃんを見ていると、女性を惹きつける魅力って、外見ではなく内面だということがよく分ります。

まとめ

a0001_008147
顔は不細工でも、内面を磨いて、凄いオーラを放っている男性が一番モテます。美女をゲットするのは、内面を磨いた男です。

野球の試合でいえば、1回の攻防は、イケメンチームが圧倒的有利に見えますが、9回リードしているのは不細工チームです。いい女をゲットする可能性が高いのは不細工チームです。

婚活しながら、内面を磨き、自分の波動がどんどん上がて行きましょう。青くなっているイケメンを横に、軽くかわしていくのは快感です。

最後に、男磨きの方法は色々ありますが、女性経験を増やすのが手っ取り早いですよ。恋愛は男を成長させます。ただ、真剣に交際することが大事です。どんどん女性と知り合って、ステップアップして行きましょう。

今は、ネット時代のなので、効率よく色々な婚活している男がいますよ。多くの女性と知り合いたいのであれば、マッチ・ドットコムです。マッチ・ドットコムを覗くと色々な奴がいるし、他人のやり方みていると勉強にもなります。

マッチ・ドットコム

マッチ・ドットコム

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑