気になる女性をデートに誘う。思わずOKしてしまう誘い方とは?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

a0001_008147
女性にモテる要素は沢山あります。どこから男を磨いても良いと思います。しかし、どこから手を付けて良いのか、どっち付かずになっている方も見受けます。

それなら、自然体で女性に接してみることからトライすると良いと思います。ガツガツと女を追いかけるのを止めて、自然体で接することから取り組んでみると、予想以上の効果を感じるかも知れませんよ。

男の場合、下心をいったん横へ置いてみる

男の場合、恋愛で自然体になるということは、下心をいったん横に置くことです。そして、ありのままの自分で女性にアプローチすることです。

下心を隠すのではありません。隠せば、ありのままでなくなります。ここがポイントです。

「俺は、君が気に入っていて、エッチがしたい!」と顔に書いてあって良いのです。下心を隠そうとするから、逆に警戒心を抱かれ、女性との距離を縮められません。

「俺はエッチだけど、性欲には振り回されないから、安心だよ」と思われる方が不思議と上手く行きます。ありのままの方が、安心感や親近感を感じて貰えるということのようです。

意中の女性をすんなりデートへ誘う秘訣です。

気になる女性をデートに誘う。「自然に」が秘訣です。

多くの男は、女性を口説く際、まずデートに誘って、話を盛り上げてと考えがちですが、これ意外に上手く行きませんね。この方法だと下心が出て、不自然になってしまいます。

僕の場合、この攻略法を使っている時期は駄目でした。なかなかデートへ誘えないし、誘えても2度目のデートへ駒を進めることが出来ませんでした。

今考えるに、アプローチ方法に問題があったのだと思います。ありのままでなかったから、女性に下心を見抜かれ、警戒されました。

僕は、自然体を心掛けるようにしてから、ここが大きく改善されました。自然の流れの中で、女性を誘うので、その場で「OK!」の返事を貰うことが多くなりました。デートでも簡単に女性との距離を縮められるようになりました。

自然体は、大事ですよ。

無理に自分を良く見せようとしない

以前の僕は、女性にモテようと、お洒落をしたり、羽振をよく見せたりしていました。カッコ付けてしまうのが、男の性ですよね。

しかし、自然体で女性に接するようにしてから、それも不要になりました。お金持ちでないし、社会的地位もないし、イケメンでなくとも、自然体でガンガン行けますよ。普段の自分で十分です。

寧ろ、自分をよく見せようとする行為は、効力があるどころか、逆効果になります。そのことに気付きました。そこに気付いてからは、自分も楽になりました。女性とは簡単に仲良くなれるし、自然体って便利ですよ。

天海祐希似のマドンナ的女性を誘ってみた

先日、仕事先の女性を食事へ誘いました。

天海祐希似の美人の女性がいて、清純な感じで気に入っていました。その女性と立ち話になったんです。

その日僕は、ちょっと嫌なことがあってムカムカしていました。その気持ちをそのまま女性に話し、「もし、今晩時間があったら、憂さ晴らしに付き合ってくれない?飲みに行かない?」と自然な流れで誘いました。

誘ったというより、知らない間に誘っていました。自然体でいると、自然にタイミングがやって来ます。

そして、「僕の誘いだから、おごるよ!高級レストランは無理だから、居酒屋でどう?」というと、直ぐに「OK!」の返事を貰いました。

その女性、男が誘っても2人のお出かけには、なかなかOKしない女性なんですよ。

やはり、恋愛で自然体って大切ですよ。



ライブドア運営の出会い応援サイト。登録無料¥0

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑