頭皮が臭い男に、女子社員の悲鳴が…[現地直撃リポート]

公開日:  最終更新日:2015/11/15

a0001_017426

「きゃ~、いやだ~、○○部長の頭臭い~」という女子社員の会話が飛び込んで来ました。会社の休憩室から井戸端会議の話が漏れて聞こえます。

臭い男は、間違いなく女性に嫌われるようです。体臭や口臭はもちろん、頭皮が臭いのも駄目なようです。頭皮の臭いは、自分ではあまり気付きませんが、臭っている男性は意外に多いようです。

女性は、とにかく臭いのには敏感です。僕は、この女子社員の会話を聞いて以来、頭皮の臭いには気を付けています。「○○さんの頭臭いし……、ギトギトで気持ち悪い~」と噂される前に、しっかりと頭皮ケアしたいものです。頭皮の臭いケアのポイントを紹介します。

自分に合ったスカルプシャンプーを探す

a0002_008248

まずは、臭いの元を除去しましょう。それには、しっかりと洗髪することです。シャンプー選びが肝です。自分に合ったスカルプシャンプーを選びましょう。

ドラッグストアーなどで販売されている石油系洗浄成分のシャンプーはNGです。洗浄力が強く、良い香りがしますが、頭皮へダメージを与えます。ダメージを受けた頭皮は正常な皮脂分泌ができずに、過剰皮脂等になります。臭いの元です。

やはり、頭皮の健康を考えて開発されたスカルプシャンプーを使うべきです。アミノ酸洗浄成分の無添加シャンプーを選ぶことが基本だと思います。

頭皮の臭いを消す洗髪のコツ

1.予洗い

予洗いは凄く重要です。必ず実践して下さい。40度以上のお湯は熱すぎです。38度位のお湯を使います。お湯だけで、髪と頭皮を良く洗います。予洗いで髪の汚れは殆ど落ちます。

2.洗髪

シャンプーを手に取り、軽く泡立て髪に付けます。爪を立てず、指の腹を使い洗います。頭皮を傷つけないように注意しましょう。指の腹で頭皮を摘まむようにマッサージをすると良いです。血行促進です。

3.すすぎ

シャンプーが終わったら、しっかりとすすぎます。毛穴に洗浄成分のカスが詰まります。カスは頭皮の臭いの原因にもなります。また、短髪であれば、リンスもトリートメントは不要です。これもカスが詰まります。

とにかく洗髪後は、余分なモノが残らないように、良く洗い流して下さい。

4.ドライヤー 

湿ったままにすると、雑菌が繁殖してしまいます。 本当に頭皮が臭くなりますので、要注意です。

他にも頭皮が臭くなる原因があります。

思い当たることがあれば、できる範囲で改善して下さい。

◎肉類を食べ過ぎないこと

焼肉をたくさん食べた後は、頭皮が臭いですね。とりわけ牛肉は控えめにした方が良いと思います。牛肉など脂質の多いものを食べ過ぎると、皮脂が過剰に分泌されます。

◎乳製品を取り過ぎない

乳脂肪分も臭いの原因になります。牛乳やチーズなど脂肪分の多い乳製品の食べ過ぎには注意です。

◎しっかり睡眠をとる

残業や夜遊びで生活が乱れると、皮脂分泌が多くなります。遅く帰宅して髪を洗わないなんて、絶対にNGです。夜はしっかり洗髪をし、早寝早起きを心掛けましょう。

◎ストレスを溜めない

ストレスを溜めると、脂肪酸が分泌されやすくなります。頭皮の臭いの原因となります。軽い運動やストレッチをしたり、音楽を聞いたりなどし、リラックスするようにします。小さいことは流して、心を大きく持つと良いです。

◎お酒を飲みすぎない

アルコールは、体内でアセトアルデヒドという物質に分解されます。アセトアルデヒドには、刺激臭があります。お酒を飲むと、血液に混ざり全身を巡り、頭皮の毛穴から悪臭を出します。頭皮のためには、お酒も適量にしましょう。

◎カラスの行水は止める

入浴時、湯船に浸からずにシャワーだけで済ませていると、頭皮の汗腺の働きが悪くなります。老廃物を溜め込んでしまいます。夏でも、しっかり湯船に浸かることで、汗腺が活発になります。半身浴で最低15分です。

頭皮が臭いと感じたら、紹介した対処法を試してみてください。女性ウケ良くなります。

まとめ

uma-shampoo

宅配便で届きました~。ウーマシャンプーです。僕の愛用のスカルプシャンプーです。他にも色々とシャンプーは使いますが、頭皮ケアにはこいつが一番です。

僕は、ウーマシャンプーを使ってから、頭皮の臭いが消え、かゆみもなくなりした。育毛にも良いようです。

特に、頭皮の臭いが気になる男性へおススメのシャンプーです。

ウーマ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑