楽観的になるとうまくいく!ネガティブ思考から脱出法

公開日:  最終更新日:2015/11/20

a0002_010427
通勤電車の中、街中を歩く人を見渡してみると、暗い顔をしている人がいます。眉間にしわが寄っている方もいます。「この世の終わり…」ような表情にこちらがビックリすることがあります。

恐い表情をしていれば、間違っても幸福の神様は降りてきませんよねー。でも、この間鏡を見た時に、「自分でも普段は怖い顔しているのではないか?」と思いました。反面教師です。「人の振り見て我が振り直せ」という言葉があります。

僕も生きているので、将来のことを考えたりすると不安になることがあります。そんな時は、「どうにかなるさ、楽しく行こう!」と楽観的に生きたいですね。楽観的になると成功が舞い込んでくるも言います。幸せに生きる秘訣のようです。何も求めない生き方です。

今回は、ネガティブな思考の虜になっている時の効果的な対処法を紹介します。

楽観的に生きるコツ

地中海周辺や中南米などのラテンの国々の人々は、ともて明るくて楽観的な民族です。楽観的な空気が満ち溢れています。「どうにかなるさ、楽しく行こう!」という楽観主義が、人生をより楽しく幸せにしています。

そして、楽観主義なゆえに、自然と調和でき、大地からのパワーを受けている感じです。明るく、パワフルな人が多いですよね。僕、真似てみることにしました。

楽観的に生きるコツは、ネガティブな考えが浮かんだら、思考のスイッチをOFFにする習慣を付けることです。

つまり、思考停止法を使います。「会社をクビになるのでは?」「職を失うのではないか?」「自分は癌ではないか?」「一生、結婚できないのでは?」「老後、生活に困るのでは?」など、まったく根拠のない不安や妄想の虜になってしまった時に、そこから逃れてリラックスを取り戻すテクニックです。悲観的になったら使いたいですね。

僕が使っている具体的は手法を紹介します。まず、湧き上がる不安やネガティブな思考に意識をフォーカスします。そして、根拠のない不安や妄想であれば、指パッチンと共に、その思考をストップさせ、頭の中を空っぽにします。

また、大きな声を出して笑ってみるというのも効果的な方法です。「失敗した時こそ笑え!」とも言いますしね。ネガティブなことに囚われているより、笑い飛ばして、次へ強く進んで行った方良い結果を生むに決まってします。

ラテンの国の人が持っている楽観的な気質は、成功と幸せを実現する上で、欠かせないものだと感じています。”指パッチン”と”笑い”で強く楽しく行きましょう♪



シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑