41歳の男が、バレエ講師の24歳の女性の親指を”たがね”で切断した

公開日: 

自称整体師の無職の41歳の男が、バレエ講師の24歳の女性の親指を、“たがね”を使って切断するという事件が起きた。

“たがね”とはこういう工具

男は元バレエ教室の生徒だという。

残忍な行為に至った理由は、発表会めぐるトラブルだという。

「発表会へ向けて補講があることを教えてもらえなかった。問いだだしたら、邪険にされた。命の支障がないように指を切った。」というものだ。

どんなトラブルだったか、真相は知らない。

しかし、40代の男が20代の女性の親指を切断する行為には、???????だ。

近年、バレエを習う男性が増えているという。

40代の男性がバレエを習うことは、凄く素敵なことだと思う。

僕も習ってみたい。

それなのに、なんでこんなトラブルを起こすのか?

僕も普段、不条理なことをされて、腸が煮えくりかえることがある。

どうしても腹立ちが収まらないときもある。

そんな時は、相手をひどい目にあわそうと思う。

100歩譲ってそれもありだ。

でも、相手の身体を傷つけることだけはしてはいけない。

もっとスマートは方法を取れば良いのでは?

知的な正攻法で、相手に立ち向かうことができるものだよ。

踏みとどまってほしかった…。

最近、こういう事件が多い…。

残念だ…。

悔しい思い、誰にでもある。

どこかで転換することだ。

転換できないときは、

正々堂々と戦う。

これ大切なこと。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑