長野県善光寺の坊主がセクハラ&パワハラ?

公開日: 

どんでもないニュースを聞きました。

長野県にある善光寺の二人いる住職のうちの一人、小松玄澄さん(82)が、職員にセクハラ&差別的発言をしたとして、「生き仏と言われる僧侶にあるまじき行為。直ちに辞任を求める」と信徒が辞任を勧告しているといいます。

いったいに何があったのですかね?

女性を誘ったみたいっす。

そして、誘いに応じなかった女性には、不当な担当替えを命令したようですね。

おいおい、82歳でお元気なのは良いと思いますが、僧侶がやってはいけませんね。

真実は分かりませんが…。

しかし、火のない所に煙は立たぬともいいます。

これまで話が大きくなれば、きちんと説明して、白黒はっきりさせてほしいものですねー。

人生で最大のテーマは「性」と「お金」だと思います。

どなた様も、この2つの問題をクリアする必要があると考えています。

「性」の問題は奥が深くて、難しいですが、僧侶はそれを教える立場の方だと思います。

もっと、心を洗って、洗心してほしいですね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑