下町ロケットの2話までのあらすじ、3話の予告と見どころは?

公開日:  最終更新日:2015/11/19

11月1日(日)の注目のドラマは、TBSテレビ「下町ロケット」です。

shitamachiroketto

前回(2話)のまでのあらすじは…、

次々に取引先を失い、銀行にも見放された佃製作所が、ナカシマ製作所による特許侵害訴訟に対抗し、逆訴訟をすることになります。

一方、佃(阿部寛)のところへ、帝国重工の財前(吉川晃司)が現れ、「佃製作所が開発した特許技術を20億円で譲ってほしい」と頼み込みます。

さて、3話はどうなるのか?

佃製作所は、ナカジマ工業との裁判で事実上の勝訴を手に入れます。和解金も入り、帝国重工へ特許を譲れば20億円ものお金が入ってくると社内は超~盛り上がります。

しかし、佃だけは一人違った可能性を探っていた。

特許売却か、使用契約か、帝国重工に返答する当日に、佃は、財前らから見れば想定外の提案を切り出します。

その驚きの提案とは?

部品供給だった。

一方、佃製作所では、真野(山崎育三郎)ら社員が佃の意見に反発します。

佃の提案を聞くと、「自分の夢のために会社を私物化するな」と詰め寄ります。

そんな真野らに、別の会社からの引き抜きの話が盛り上がります。

また、ある日のこと、佃は娘の利菜(土屋太鳳)から突然、「1億円を貸してほしい」と頼まれます……。

どんな展開になるのか?

今夜9時が楽しみです。

[僕が感じる見どころ]

男の決断が見どころですかね。

社会の中で、組織の中で、どうやって自分を通していくか?

どんな場合でも、当然、反対派は存在するわけです。

その反対派と争わずに、自分の信念を通していくか?

佃(阿部寛)の生き方に興味津々です~(^^♪

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑