慢性化した軽いぎっくり腰を治す方法

公開日: 

今回は「慢性化した軽いぎっくり腰を治す方法」を紹介します。

 

僕は若い頃から腰が悪かったんです。なんと、はじめてぎっくり腰をやったのが中学生の時です。大人になってからは、3~4年の1度はぎっくり腰をやって寝込んでいました。

 

40代後半になって頻度が増えました。軽いぎっくり腰においては頻繁に起こすようになりました。配送の仕事をしていますが、ちょっと重い荷物を持つと腰が痛くなります。翌朝は、顔を洗うのに屈むことが出来ません。

 

「これじゃ仕事にならない」と思っていました。「椎間板ヘルニアでもなったか?」と考えていました。

 

そして、あまりにも腰が痛くなる頻度が多くなったので、整形外科へ行きレントゲンを撮りました。

 

結果、医師の診断では「年齢的な衰えはあるものの、骨には異常はありません」とのことでした。椎間板ヘルニアではありませんでした。

 

要は腰椎と腰椎との間の軟骨が加齢で固くなり、ちょっと大きな負荷がかかると耐えきれず、軽いぎっくり腰になっていたようです。

 

医師へ勧められた対策はストレッチです。ストレッチで身体を柔らかくすることで腰痛が軽減する治療法でした。私は、とにかくやって見ようと思い、お風呂上りに10分間のストレッチを実践しました。

 

↓医師へもらった腰痛体操のやり方が書かれた用紙

youtsuutaiso1

youtsuutaiso2

(この中から自分に合うものを選んでやっています)

 

用紙に書かれた腰痛体操を1カ月続けると腰が少し楽になりました。現在8カ月目、ストレッチを続けていますが、軽いぎっくり腰は起こさなくなりました。ストレッチをはじめてから一度も起こしていません。

 

まとめ、
軽いぎっくり腰の解消には予防が重要です。1日10分で良いので毎日ストレッチを実践してみて下さい。僕は1日10分の腰痛体操で良くなりました^^

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑